このページの先頭です

利益優先のエージェントも存在する!転職エージェントの選び方

295views

投稿日:

一人の人間として見てくれるか

転職エージェントは基本的に無料で利用することができますが、そうなると転職エージェントはどうやって利益を得ているのか、という疑問が湧きます。実は転職者を紹介し、就職が決定することにより、転職エージェントは企業から収入を得ているのです。

このようなシステムのため、転職者はタダで転職エージェントを利用できるというメリットがあるのですが、反対にデメリットもあります。それは、転職エージェントが転職者の成功のためではなく、お金のために仕事を行うということです。もちろんそのようなことを行うのは、悪質な転職エージェントのみですが、仕事の内容を選びもせず、とにかく大量に求人を紹介し、早く転職させようとしてきます。

つまり、転職者がどのようなことを求めているか、どのような希望を持っているか、ということを、まったく配慮しないのです。そのため、人をお金として見る転職エージェントではなく、一人の人間として見てくれる転職エージェントを選ぶということが大切になってきます。

就職しやすい企業を紹介してくる

転職エージェントが、転職者の資格や転職したい時期、給料のような条件をまったく考慮せず、受ければ誰でも就職できるような企業を紹介してくる場合もあります。簡単に就職できる企業ということは、それだけ離職率が高かったり、給料が低かったりというような、悪条件が揃っている可能性が高いということです。

利益を優先し、このようなことをする転職エージェントが存在するのですが、そのまま疑いもせず転職をしてしまうと、前より給料や労働環境が悪い仕事についてしまう可能性も高いです。そのため、絶対にこのような転職エージェントは選ばないようにしましょう。

転職コンサルタントが話を聞かない

利益を優先するような転職エージェントは、転職コンサルタントが転職者の話をほとんど聞かないことが多いです。本来であれば、転職者に合う企業をピックアップする準備として、転職者がどのような希望やスキルを持っているかということを細かく聞くものです。

しかし、カウンセリングをほとんど行わず、いきなり仕事を紹介してくるような転職コンサルタントの場合、最初から利益目的で動いているとしか考えられません。まったく話を聞かずに、すぐに仕事を紹介してくるような転職コンサルタントは信用できないため、別の転職コンサルタントや転職エージェントを探すようにしましょう。

複数の転職エージェントに登録しよう

転職エージェントは何も1社だけしか利用してはいけないというわけではありません。自分の好きなだけ、利用しても良いのです。ただし、あまりにも利用し過ぎてしまうと、転職エージェントを利用するのに忙しくなってしまい、肝心の転職活動が疎かになってしまいます。そのため利用するのは、2?3社程度にしておきましょう。

複数登録することでリスクヘッジできる

複数の転職エージェントに登録しておけば、片方の転職エージェントが利益型の転職エージェントだった場合でも、すぐ他に乗り換えることができます。つまり、複数登録するメリットはリスクヘッジなのです。最終的には2?3社程度に絞ったほうが良いですが、最初の段階であれば、5?6社利用してみるのも良いでしょう。その中で、信頼できる転職エージェントを2?3社見つければ、安心して転職活動を行うことができます。

2種類の転職エージェント

転職エージェントには種類があります。総合型と専門型です。総合型は様々な企業を取り扱っていますが、専門型は特定の業種に特化した転職エージェントとなっています。転職したい業種が決まっていない人は総合型のみを利用するべきですが、既に業種が決まっている人は、専門型の転職エージェントを1社は利用するようにしましょう。そうすることで、効率良く転職活動を行うことができます。