このページの先頭です

介護職辞めたい転職したい!愚痴10連発~30代男性ケアワーカー編

29views

投稿日:

ケアワーカー

1.介護職から見た、ナースへの愚痴

1).介護職を下にみている。

朝、廊下でナースとすれ違った時「おはようございます!」と挨拶するが、無視されます。

目も合わせてくれません。介護職は空気のような存在で扱われます。施設では高齢者ばかりで、入居者の方々は何かしらの医療行為を必要としています。

ナースは確かにいなければなりませんが、その入居者の毎日の生活を支える(食事介助・入浴・排泄等)介護職も大切な存在であり、そこに優劣は無いと思います。

互いに必要性を認め合い、連携が取れれば素晴らしいケアを提供できるのに、と日々思っています。それにしても、同じ職場で働く仲間なので、挨拶くらいして欲しいです。

2).介護職はナースの雑用係?

ナース「ねぇ、ちょっと、ちょっと」

とナースに呼び止められる。名前では呼ばれません。

きっと覚える気がないのでしょう。

ナース「さっき、いろうの人の注入したら液がこぼれて服が汚れたの。着替えさせといてくれる?」

注入失敗したのはナースなんだから、ナースが着替えさせればいいじゃないですか?

介護職はナースの尻拭いする為にいるんじゃありません。

3).お菓子は全部自分のモノ。

休憩室には入居者の家族様や、職員が旅行に行った時のお土産のお菓子がよく置かれています(クッキーやチョコ等)。それらは基本的にナースが全部持って帰ってしまいます。皆で分けようとは思わないのでしょうか。

4).床に薬が落ちている。

食堂では入居者様の服薬介助をナースが行うのですが、いつも薬が床の上に何個も落ちています。ナースに報告しても、「もう誰のか分からないから、捨てといて」と言われます。

薬って大事なものだと思うのですが、それでいいのでしょうか。糖尿病や高血圧の方も居られるので、とても心配になります。

入居者様の口の中に薬を入れても、飲み込むまで確認せずに次の介助に行くので、口の中から薬がこぼれたりしています。薬は命に関わるので、もっと慎重に扱って欲しいです。

2.介護職から介護職(同僚)への愚痴

1).遅刻

介護職の同僚Aが遅刻の常習犯です。毎日、遅刻します。数分の遅刻の時もあれば、何時間も遅刻することもあります。介護職はいつも人数ギリギリなので、一人欠けると一気に業務がハードモードになります。すると、職員間のストレスも溜まりイライラしてきます。

その気分が入居者に伝わり、ソワソワされ転倒したり喧嘩が始まったりします。

遅刻の常習犯の同僚Aは遅刻しても謝る事もなく、休憩はしっかり取り、定時で帰ります。介護職員は少ないので、遅刻の常習犯でも施設としてはいるだけマシなのでしょうか?一緒に働く者からしたら辛いです。

2).仕事しない宣言

介護職の同僚B「俺は絶対に、必要最低限の仕事しかしない。頑張って仕事しても給料上がるわけでもないし、本当に時間の無駄。定時になったらササっと帰るからな。仕事してもしなくても給料おなじや。」

と言う同僚。考えは人それぞれですが、そんなに仕事するのが嫌なら別の仕事をすればいいのにと感じます。給料も大して高くないのに、何にしがみついているのでしょうか。

3).香水

介護職の同僚(女性)には香水の匂いがきつい人が多いです。身体介護で体を近づける事が手多い為、汗臭さを気にしての事だと思いますが…。匂いだけで誰が近づいてきたかが分かります。

4).スリッパ

今、施設では職員がスリッパを履いて介護業務をするのが流行っています。すぐに脱げるスリッパで移乗をしたら危険なことは分かり切っているのに、誰も気にしていない様子です。

3.介護職から介護職(上司)への愚痴

1).虐待を発見、どうしよう…

ある日、介護職の同僚Cが入居者に対して心理的虐待をしているのを発見しました。同僚Cに注意するが反省の色はありませんでした。

施設の職員が入居者に対して虐待しているのを見かけたら、市町村に通報する義務があります。通報した職員は守られます。

この事は毎年、施設で虐待の研修を行い職員は周知しています。しかし、まずは上司に伝えた方がいいのではと思い、書面に事の経緯を書き上司に報告しました。

これで同僚Cも反省してくれるだろうと思ったのですが…。

後日、私は上司に呼び出されました。

上司「お前は何がしたいんだ?虐待があったなんて言ったら、同僚Cがクビになるかもしれへんぞ!」

と物凄い形相で怒鳴られました。その時、上司は同僚Cの味方なのだと感じました。

私は入居者の為に正しい事をしたと思っていますが、確実に不利な状況に追いやられました。施設で毎年している虐待の研修は一体何だったのでしょうか。黙って、見て見ぬふりが正解なのだろうかと、日々自問自答しています。

2).走る介護職(上司)

上司はいつも施設の廊下を走っています。誰かのナースコールが鳴ればバタバタと足音を立てて走って行きます。いつも忙しいアピールをするのに忙しい様子です。

基本的に施設では走ってはいけません。こんな人が自分の上司だと思うとため息が出ます。