このページの先頭です

医療事務の経験を活かせる女性の仕事って?転職のコツは?

29views

投稿日:

医療事務

医療事務を活かせる仕事(業種・企業)ってどんなものがある?

主婦にも大人気の医療事務ですが、医療事務自体は総合病院やクリニックが勤務先になります。

ですので、専門職のように思えますが、医療事務といっても様々な仕事をします。

たとえば、受付、会計、患者さんとのコミュニケーション、データ入力、看護師の補助などその病院によって様々ですが、小さいクリニックほどたくさんの仕事を請け負います。

医療事務は受付などの会計を行うのでコミュニケーションの能力が高くなるため、他企業の受付、数字に強くなるので、事務職なども活かせるでしょう。

また、お年寄りと接することが多いため、介護職などもおすすめです。

医療事務を活かした仕事内容(体験談)

私は医療事務を活かして事務職に転職をしました。

事務職といっても仕事内容は幅広く、イベント案内や会議の補助、郵送物を発送したり、届いた郵便物を部署ごとに仕分けて届けるなどもありました。

また、電話対応なども行うので意外と一日の中でもやることがたくさんあります。

ですが、やはりメインはパソコンを使ってデータ入力をすることです。

ずっと数字を見ていなければいけないので、作業の正確さが求められます。医療事務も数字を扱う仕事なので、医療事務での経験を活かして仕事をすることが出来ました。

やはり、パソコンで作業することが多い医療事務なので、ずっとパソコン作業をしていても苦にならず、長時間のパソコン作業も難なくこなすことができました。

また、医療事務は受付などを行うので人と話したり、接客のような仕事をします。事務職でも会社に来客があれば待合スペースで会議スペースに案内する仕事もあるので、医療事務で身に着けたコミュニケーション能力がとても役にたったと思います。

医療事務の経験は転職に有利?

医療事務はやはり、事務と考えることも多いため、一般事務などは有利になることがあります。

医療事務で仕事をしている人は、エクセルワードなどが出来る人もいますし、数字にも強いので事務職などは転職に有利になります。

また、介護職に行く人も多く、お年寄りの相手をしているので介護職も有利になることもあります。

医療事務の経験があってよかったと思える体験談

私は転職をするときに医療事務を過去にしていたというところをアピールしていたのですが、やはり医療事務なので事務職の転職でとても有利になりました。

数字などのデータ入力もしていたということが会社側にとってプラスになったようです。

やはり、医療事務をしていると集中力もありますし、数字の正確性は高いので、長時間のパソコン作業があっても苦になりません。

ですので、医療事務の仕事をしていて良かったと思いました。

あわせて取得しておきたい資格と理由

あわせて取得しておくと良いおすすめ資格は秘書検定です。

秘書という名前がついていますが、秘書検定は秘書業務にとどまらずビジネスマナー全般を問う内容になっているので、どんな仕事についても役に立つ事を勉強できます。

この資格をもっているとビジネス現場にふさわしいマナーは表現方法が身についていることをアピールできますし、冠婚葬祭の対応の知識も得ることが出来るので取得しておくとビジネス以外にも役にたつのでおすすめです。

日商PC検定試験もあわせて取得しておく良い資格ですね。

ほとんどの企業はパソコンなどの情報機器やこれにつながるネットワークの利活用が不可欠となっています。

ビジネス文書の作成能力や業務データの処理分析能力、情報収集、などが出来るのでパソコンを使った業務をするときに役にたつためおすすめです。

転職体験談とコツについて

私は医療事務から事務職へ転職したことがあるのですが、やはり医療事務をやっていると少しは有利になると感じました。

アピールで「データの入力には慣れているので自信があります」ということをアピールしたのですが、やはり即戦力がほしい事務職にとっては有利に働いたようです。

また、私は他にパソコンなどのスキルがあるのでそれもプラスになったので、思ったよりもすぐに転職をすることが出来ました。

転職に有利になるコツは医療事務以外でも秘書検定やパソコン系の資格をもっていることですね。

事務職にとってパソコンを使うということは絶対にはずせないので、パソコンがまったく出来ない人よりも出来る人の方が有利に決まっています。

そのため、パソコン系の資格をとることをおすすめします。

実際に仕事をしていても資格を持っていて良かったと思うことがたくさんあったので医療事務以外の資格をたくさんとっておくことが大切です。

まとめ

このように、医療事務を活かした仕事について紹介しました。

医療事務といえば専門職のように思えますが、意外と色々な仕事をしているので他の職種にいかすことが出来ます。

実際にお年寄りとのコミュニケーション、データ入力、受付、看護師の補助など様々な仕事をしました。

それを活かすことが出来るので活かせる仕事はたくさんあると思います。

もし、医療事務から他の企業に転職しようと考えている人は参考にしてくださいね。きっと有利になるはずですよ。