このページの先頭です

FPと簿記を活かせる仕事って?転職に有利?

42views

投稿日:

FPと簿記

FP・簿記を活かせる仕事(業種・企業)ってどんなものがある?

3つほどご紹介します。

  • 会計事務所
  • 税理士事務所
  • 保険代理店

会計事務所

先ず、FP・簿記を活かせる職業と聞いて一番に思いつくのは会計事務所で働く事だと思います。

FPの知識をお客様に対して発揮するのは少し先になるかとは思いますが、簿記に関しては会計事務所で行う仕分けや決算書の作成などの業務そのものが簿記の勉強で学ぶ内容の実務になりますのでそのまま役に立ちます。

というより、その知識がなくてはそもそも何故そのような作業をしているのか仕事の意味が分からないと思います。

税理士事務所

会計事務所と並んで思い浮かぶのは、税理士事務所です。

ただし、税理士事務所の仕事はメインが税務に関する事ですので、FP・簿記の知識に加えて税務の知識も必要になってきますので、より難易度は上がります。

保険代理店

もう一つイメージがしやすいのは保険代理店のエージェントになる事です。

日本で保険と聞くと悪いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、むしろ海外ではown agent(自分の担当保険セールスマン)として自分の担当保険マンをつけているくらい浸透しています。

FP・簿記を活かした仕事内容(体験談)

私の場合は、会計事務所での勤務を経験しました。

経験者であればいきなりお客様の前に立つこともあるかと思いますが、基本的には先ず初めにやるのは仕分けの作業です。

具体的には、お客様の伝票(レシート)をお預かりしてそれを勘定科目ごとに振り分けるという作業を行います。

この振り分けの作業を行う際に、簿記で勉強する勘定科目の意味が分かっていると割とすんなりと振り分けをする事が出来ます。

そして、これを各月ごとに行い最終的には確定申告に合わせて1年間の決算書を作ります。

どれだけ売上があり、どれだけ経費が掛かったのかを記入して利益として出てきた額に対して税金がかかる事になるので正確な計算が求められます。

ちなみに、一般的な会計事務所の業務をやるうえでは正直FPの知識はそこまで必要ないかと思います。

どちらかと言えば、確定申告の仕組みを覚えたほうが役に立ちます。

では、いつFPの知識を使うのかというとお客様に具体的な提案をする際です。

会計事務所は何も確定申告に向けた業務だけをしているわけではありません。

むしろ、それ以外の経営課題に関する質問などをたくさん受けます。

その時に、FPの知識を持っていると例えば、年金の制度に関して質問を受けた時に瞬時にこたえられるなどお客様からの信頼度がアップします。

具体的にこの知識が役に立つというのは正直お客様によって変わるので、一概に言えませんが一通り勉強しておくことで、心の余裕が生まれます。

FP・簿記を持っていると転職に有利?

簿記もFPもハッキリ言って資格を持っているだけでは何も役に立ちません。

むしろ、その知識を利用してどのような業務経験を積んできましたという事が言えなければ持っていても「ふ~ん」くらいで終わりです。

しかし、これはどの職業にも共通して言える部分かと思います。

特に、FPや簿記は取ろうと思えば比較的誰でも取れてしまう資格であるだけに余計にその傾向が強いです。

ただし、その資格を持っている事で信頼感が上がる事は間違いありませんし、相手も興味を持ってくれます。

後は、それに負けないだけの経験をキチンと積んでいる事がアピール出来れば、転職にも響いてくると思います。

FP・簿記の資格をもっていてよかったと思える体験談

この資格を持っている事で良い点というのは、一通りのお金に関する話についていけるという事です。

年金の問題であったり、税務の問題であったり、不動産の問題であったり様々な話題が飛び交う中でも一通りさわりだけでも勉強をしておけばそれを起点にして詳しくは分からなくても話の大枠を掴む事が出来ます。

あわせて取得しておきたい資格と理由

2つあります。

  • 税理士
  • プライベートバンカー

税理士

もし税務面で活躍をしたいのであれば、とっておいた方が良い資格になります。

相性が非常に良いので、より知識が強固になります。

ただし、最終合格をするまでに最低でも3年というようなスパンで長丁場になる資格ですので(もちろんそれより早く合格する方もいますし、逆に10年以上も最終合格出来ない人もいます)、取得となると覚悟は必要です。

プライベートバンカー

イメージはFPの富裕層向けといったところでしょうか。

より所得が高い層向けにコンサルティングをしていきたいと考えている方にはオススメの資格になります。

FP・簿記だけでは取っていて当たり前でしょと思われるかもしれませんが、プライベートバンカーの取得をしていればまだまだ取得者数が少ないだけに伯がつきます。

もちろんこちらも実務経験あって活きる資格にはなりますので、注意は必要です。

特に富裕層ともなれば本当に人を選びます。

知識がある事は当たり前で、そのベースに人間的な魅力であったり、雑学を知っていたりなどの教養もなければパートナーとして選ばれることはまずありません。

まとめ

お金にまつわる資格は取っておいて絶対に損はありません。

それは実務経験で活きるだけではなく、自身のプライベートにも大いに役に立つからです。

しかし、少なくとも他人はあくまでも実務経験を評価します。知識を入れる事は前提としてもそこに固執しすぎずに柔軟に勉強を続けていく姿勢が欠かせません。