このページの先頭です

簿記2級を活かせる仕事って?転職に有利?

27views

投稿日:

簿記2級を活かせる仕事(業種・企業)ってどんなものがある?

大きく分けると3つあります。

  • 会計事務所
  • 税理士事務所
  • 経理

会計事務所

簿記2級の資格を活かせる仕事でまず思いつくものは会計事務所での勤務になります。

会計事務所は、企業の経理周りの業務を一部もしくは一手に引き受ける立場で仕事をするため、そもそも簿記2級くらいの知識がなければ何をやっているのか全体像を掴むことすらできません。

そのため、どちらかと言うと活かすというよりかは絶対に必要な知識と考えておくと良いでしょう。

簿記2級の前に簿記3級というものもありますが、こちらはどちらかと言えば会計事務所に入るとまず行う業務である仕分け作業の際に役立つ知識を勉強することになります。

簿記2級は、決算書の作成がメインの内容になりますので、確定申告の際に作成する資料により近い勉強になります。

そのため、簿記2級で勉強した内容をそのまま実務として覚えていく形になっていきます。

逆に簿記1級になると商業簿記と工業簿記の2つを勉強することになりますが、工業簿記については扱うクライアントによっては必要ない場合もありますので、自分がどの業界のクライアントをお客様にしたいのかによって必要な知識かどうかが変わってきます。

税理士事務所

次に簿記2級の資格を活かせる仕事として挙げられるのは税理士事務所です。

こちらは業界としては先程の会計事務所に似ておりますが、主に扱うものが全部になってきます。

ただし、扱うクライアントが法人にしても個人にしても会計の知識がないとそもそも税務だけ先に学んでも理解できないため、簿記2級の知識はやはり必要最低限と言えるでしょう。

税理士事務所で働くのであれば、簿記2級の先は税理士試験を目指しても良いかもしれません。

こちらはいくつかある科目の中で、3科目合格をすれば税理士としての登録が認められることになります。

どれを選択するかは、自分がどのようなクライアントを相手にしたいかによって変わってきます。

経理

最後に、簿記2級の知識を活かせる仕事として紹介をするのは企業の経理担当になります。

これに関しては、業種業態にかかわらずビジネスをしていく上ですべての企業に必要な職種になります。

会社によっては本来の経理業務を全て会計事務所に丸投げしてしまうというところもありますが、規模が大きくなればなるほどそれでは成り立ちません。

というのも、企業の会計情報は=企業の経営状態を表すものになりますので、個人レベルでやっている会社であればまだしも、株主が入るような大規模な会社になってくれば今、会社がどのような状態なのかすぐさま判断をしなければならないことがあります。

そのため、経理担当が必須になってきます。

最終的に、確定申告等の際には会計事務所や税理士事務所が関わることにはなりますが、企業にとっては絶対に欠かせない存在です。

 簿記2級を活かした仕事内容(体験談)

私の場合は、簿記2級の知識を活かして会計事務所で働いていたことがあります。

具体的にやった事は、先ほどご紹介したような決算書の作成がメインになってきます。

経験を積めば積むほど、よりお客様先に出向いていき提案をする立場になっていきますが、特に最初のうちはお金の流れがどのように決算書に表示されることになるのかという全体像を掴むためにひたすら仕分けや決算書の作成を行っていました。

あらかじめ簿記2級の勉強をしていたため、比較的すんなり業務を行うことができましたが、中には十分な知識がないために内容をよく理解できていない方もいました。

この最初の下積みの段階で、十分な知識と同時に実務経験を積むことで後々お客様に提案をする際に会計上のどこの数値に問題があるのかすぐに気づくことができます。

そのため、地味に思えますが非常に重要な業務を最初に行うことになります。

 簿記2級は転職に有利?

正直に申し上げますが、簿記2級では転職は無理だと思います。

理由は、半年ほど集中して勉強すれば獲得できてしまう近くですし、そもそも先程申し上げたような会計事務所での実務経験など実務ベースで経験を積んでいないと、使い物にならないからです。

また会計事務所や税理士事務所というのは非常に特殊で、企業の中の様々な活動の中で、会計及び税務のみを扱うことになるため、畑違いの会社から転職をするのであれば経理担当していた経験が必要になります。

同じ業界からの転職であれば、やはりある程度の実務経験は積んでいることが望ましいとされます。

いずれにしても簿記2級を持ってできる提案というのはそれほど多くはないため、市場価値としてはあまり高いものではありません。

 簿記2級があってよかったと思える体験談

そうは言っても簿記2級の近くを取得したことで良かったと思える点もあります。

まず1つは、企業の決算書の意味がわかるようになるということです。

これは非常に重要で、たとえ会計業界に所属しないという方であっても自分の会社が今、どのような経営状態にあるのかを理解することが非常に重要になってきます。

どこに対して未来の投資をしているかなども読み込むことができれば、あなたの会社の今後の方向性を読み取ることも可能です。

あわせて取得しておきたい資格と理由

簿記2級を取得した先に進むべき道としては、公認会計士か税理士になるかと思います。

公認会計士は、どちらかというと大企業の会計監査が中心業務になってきます。

そのため経営のサポートというよりかは、どちらかと言えば不正がないかどうかを暴くための仕事と言えるでしょう。

一方で税理士は、どちらかと言えば中小企業相手に税務及び経営サポートをする業務が中心になってきます。

もちろんここで紹介する業務が全てではありませんが、大まかにそれぞれどのようなことをする仕事なのかを理解しておくことが大切です。

自身が将来どのような道を選びたいかによって、取得する資格も大きく変わってきます。

ただし、公認会計士の資格を取得することによって税理士業務も行うことができますので、余裕がある方であれば公認会計士の資格取得をオススメします。